妊婦に良いのはミネラルウォーター?水道水?安全な水とは?

妊婦に良い安全な水とは

お腹の赤ちゃんのことを考えると、ママの飲む水にも気を付けたいですよね。

 

多くの方が水道水を飲んでいると思いますが、ミネラルウォーターのほうが安全じゃないの?と思っている方がいるかもしれません。

 

じつは、安全の基準から言うと、水道水のほうが断然厳しい基準になっているのです。

 

水道水は「水道法」とい法律により51の検査項目が設けられているのに対し、市販のペットボトルなどのミネラルウォーターは、「食品安全法」の18
の項目をクリアすればよいことになっています。

 

項目数だけでも5倍の厳しさがあり、なおかつ共通する検査項目においても基準の数値はほとんどが水道のほうが低い数字に設定されているのです。

 

じゃあ妊婦さんが飲むべき水は水道水なのか?

 

答えはNOです。

 

以下、その理由を説明していきましょう。

水道水は本当に安全か?

日本の水道水の安全性とインフラ率の高さは世界でもトップクラスです。

 

もともと水源に恵まれている土地ですが、さきほどあげた水道法により厳しい基準が設けられ、日本全国どこでも安全な水を飲むことができます。

 

そしてこの安全の根幹をなしているのは、残留塩素です。

 

 

水道水の残留塩素

水道水の基準を満たすためには滅菌・消毒をしなければなりませんが、その際最も安全で効率の良いのが塩素による滅菌・消毒です。

 

そして水は一度消毒すればよいものではなく、水道管を通っているあいだも菌が発生しますので、各家庭に届くまで塩素が残っていなければなりません。

 

これが残留塩素です。

 

 

残留塩素は危険か?

塩素は滅菌・消毒してくれますが、酸化力が大きいとタンパク質も酸化・分解してしまいます。皮膚や髪の毛のタンパク質が酸化・分解されると、保水力・保湿力が低下し乾燥肌につながります。

 

また、塩素はビタミンも壊します。水道水で野菜を洗った場合、約1〜3割のビタミンを喪失しています。

 

さらに塩素が問題なのは、トリハロメタンという発ガン性物質を作り出すことです。トリハロメタンを大量に摂取すると流産の可能性が高まる、という報告もある危険な物質です。

 

トリハロメタンは煮沸すれば除去できますが、沸騰させてすぐ火を止めると逆にトリハロメタンは増殖してしまいます。沸騰させてから15〜20分くらい沸騰させ続ける必要があるので注意しましょう。

 

 

それでも塩素を使用しなければならない水道水

以上のように水道水は残留塩素による危険性があります。

 

しかし、残留塩素により、コレラ菌や赤痢菌などその他の有害物質を除去してくれているのもまた事実です。

 

つまり水道水は「出来る限り」安全にした水であり、100%安全、というわけではないのです。

ミネラルウォーターは安全か?

ではミネラルウォーターはどうでしょう?

 

 

さきほどの基準項目数では水道水よりも緩いと言わざるを得ません。

 

また、市販のミネラルウォーターの場合は「硝酸態窒素」の問題があります。

 

 

硝酸態窒素及び亜硝酸態窒素について

硝酸態窒素とは、水中に含まれている窒素で、体内に入ると亜硝酸態窒素になります。

 

この物質は他の物質と結合すると発ガン性物質になると言われているもので、主な弊害として血液の酸素運搬能力を奪います。

 

特に乳幼児の場合は大量に摂取するとチアノーゼを引き起こすこともあります。

 

もちろんこの物質に対する基準も設けられており、硝酸態窒素と亜硝酸態窒素の総計は10mg/L以下に定められています(平成26年4月1日より、亜硝酸態窒素単独で0.04mg/L以下という基準が追加)。

 

しかし、現在市販のペットボトルなどは基準をクリアしていますが、基準値に近い濃度の水も実際に流通しています。

最も安全な水は「RO水」

水道水もミネラルウォーターもそれぞれ危険があるなら何を飲めばよいのか、ということになりますが、妊婦さんにはもっとも安全な水「RO水」をおススメします。

 

RO水とは、逆浸透膜で水をろ過する技術(ROシステム)で、そのフィルターの大きさはわずか0.0001ミクロン。

 

塩素やコレラ菌・大腸菌などの細菌類はもちろん、ダイオキシンやトリハロメタン、硝酸態窒素などの不純物・有害物質も除去できます。

 

 

RO水を飲むには?

RO水を飲むには専用の浄水器を取り付けるか、ウォーターサーバーを利用しなければなりません。

 

妊婦さんの場合には、ウォーターサーバーの利用をおススメします。

 

その理由として、

  • 温水・冷水をすぐに利用できるため、赤ちゃんが生まれてからの調乳が楽になる。
  • RO水にミネラルを配合するデザインウォーターが飲める。
  • 妊産婦対象のサービスがある。

などがあります。

調乳に便利なウォーターサーバー

調乳の際、水道水の場合一度煮沸しなければなりません。トリハロメタンのことを考えれば沸騰させてからさらに15〜20分待たないと増殖させてしまいます。

 

さらにその沸かしたお湯を70℃くらいまで冷まさなければなりません。浄水器を取り付けても同じです。

 

ウォーターサーバーなら温水と冷水がすぐに利用できるので、混ぜて使えばすぐに用意できます。

 

デザインウォーターが飲める

RO水の難点は、ろ過する際ミネラルも除去するため、味がなくなることです。はっきり言っておいしくないです。

 

しかしRO膜で除去したあと、ミネラルを配合するデザインウォーターなら安全かつおいしい水が飲めます。

 

バランスよく配合されたミネラルは、妊婦さんの健康にも良いのです。

 

妊産婦用のサービスはかなりお得

ウォーターサーバー会社によっては、妊産婦を対象としたサービスを行っており、ボトルが無料になったりグッズをもらえたりします。

 

またそのサービスを利用しているママ同士のコミュニティがあり、そこに登録することで育児や家事に役立つ情報が得られます。

 

始めてママになる人にとっては、先輩ママのアドバイスは心強いサポートになります。

 

 

おススメはアクアクララのベビアクアプラン

ウォーターサーバー会社は数が多く、どれを選んでよいかわからない方は多いです。

 

しかし、RO水+ミネラルのデザインウォーターが利用でき、なおかつ妊産婦用のサービスがあるところは少ないです。

 

この条件を満たしているのは、アクアクララクリクラです。

 

 

前者は月々のサーバーレンタル料が有料ですが、水の発注ノルマがありません

 

後者はレンタル料は無料ですが、3ヶ月でボトル発注が6本以下の場合レンタル料を徴収されるので、ノルマ有りです。

 

サーバーのデザインや機能なども含めた場合、おすすめはアクアクララベビアクアプランです。

 

 

ベビアクアプランをさらに詳しく知りたい方はこちら

 

ベビアクア

 

 

クリクラを詳しく知りたい方はこちら

 

クリクラ

まとめ

妊婦さんにとっては水は健康を左右する大事なものです。
また赤ちゃんが生まれてからも、授乳・調乳いずれも水は安全なものを飲みたい、飲ませたいですよね。
水道水にしてもミネラルウォーターにしても、国の基準はクリアしています。
しかしどちらも100%安全ではありません。
もちろんおすすめしているRO水でさえ、100%ではありませんが、現在最も安全な水であることは間違いありません。
大事な体ですから、取り除ける不安はできるだけ取り除き、精神的にも健康を保つようにしてください。
そしてやがて誕生する赤ちゃんにも、健康と幸せが訪れるよう祈っています。

 

関連記事